忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Undo アンドゥー

  • posted at:2007-01-16
  • written by:砂月(すなつき)
あんどぅー
フジテレビ=ポニーキャニオン
配給:ヘラルド・エース
製作年:1994年
公開日:1994年10月7日
監督:岩井俊二
製作:堀口壽一 田中迪
プロデューサー:牛窪正弘 馬場勲 尾越浩文
コ・プロデューサー:加藤裕子 南條昭夫 堀部徹 亀井宏幸 長澤雅彦 
脚本:岩井俊二
撮影:篠田昇
美術:細石照美
ポストプロダクションスーパーバイザー:掛須秀一
音楽:REMEDIOS
録音:土屋和幸
照明:隅田浩行
編集:岩井俊二
助監督:行定勲
出演:山口智子 豊川悦司 田口トモロヲ
スタンダード カラー 47分

犬が飼いたいと妻・萌実が言い出した。だが夫婦が暮らすマンションには動物を飼ってはならないという規則があったため、夫・由起夫は一計を案じた。彼がペットショップで買ってきたもの、それは二匹の亀だった。電動ドリルで甲羅に穴を開け、そこにリードを繋げば散歩だって可能だ。当初、萌実は不満げだったが、次第に受け入れた。歯列矯正の治療が終わったことで自由な時間が出来た萌実だったが、それとは逆に由紀夫の方は仕事に追われるようになった。時間を持て余した萌実は退屈しのぎに編み物を始めた頃、由紀夫は亀が二匹とも毛糸で縛られていることに気付いた。ノソノソ歩かれると困るということだったので亀を水槽に戻した。それから数日後、調べ物のために本棚に向かった由紀夫は奇妙な光景を目撃した。一冊の本が糸で縛られているのだ。糸を切ろうとしてペン立てから取り出したハサミも縛られていた。苦労をしてハサミを自由にしたとき、編み物をしていた妻から呼び掛けられた。何気なく振り向いた由紀夫は、萌実の様子に愕然とした。彼女の両手には毛糸が複雑に絡まっていたのだ。由紀夫は萌実を連れてカウンセラーを訪ね、診察をしてもらった。その結果、強迫性緊縛症候群と診断された。病名を聞いて戸惑う由紀夫に、カウンセラーは「一種の愛の病ですよ」と言った。その日を境に萌実の症状は悪化し、物を縛る行動はエスカレートして行った。呼びかけにも耳を貸さず、一心不乱に物を縛るようになった萌実を心配した由紀夫は、再びカウンセラーを訪ねた。

カウンセラーは、萌実には自分が縛られているような強迫観念があり、二人の生活の中に何かその要因があるからそれが症状となって現れるんですと言った。心当たりを聞かれしばらく考えた由紀夫は、縛りつけているというより、むしろほどけているんだと思いますと答えた。カウンセラーは何度も頷きながら、そういうことですよと言った。帰りのタクシーの中で由紀夫は、今度の週末に何処か出掛けようと萌実に話しかけた。仕事が一段落したら南の島へでも行こうかなどとひとり言を呟く彼に、「由紀夫ちゃん、病気なの?」と萌実は言った。由紀夫はその言葉に衝撃を受けた。むしろ自分の方が病気なのかもしれない、と。物を縛るだけで満足出来なくなった萌実は、「待ってる」や「愛」など目に見えないものまで縛るようになっていた。由紀夫から症状を聞いたカウンセラーは、縛られることで幾分かの安心感が得られるでしょうから、とりあえず今夜辺り本人を縛ってみてくださいとアドバイスした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R