忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒い十人の女

  • posted at:2006-12-10
  • written by:砂月(すなつき)
くろいじゅうにんのおんな
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1961年
公開日:1961年5月3日 併映「おてもやん」
監督:市川崑
製作:永田雅一
企画:藤井浩明
シナリオ:和田夏十
撮影:小林節雄
音楽:芥川也寸志
録音:西井憲一
照明:伊藤幸夫
美術:下河原友雄
特殊撮影:築地米三郎
助監督:中村倍也
編集:中静達治
製作主任:中島実
出演:山本富士子 宮城まり子 中村玉緒 岸田今日子 船越英二 
シネマスコープ モノクロ 103分

テレビ局VTVの番組プロデューサー・風松吉は誰にでも優しく、そして何処か掴みどころのない雰囲気を持っていることが女性たちの母性本能をくすぐった。彼は女優の石ノ下市子、演出家の後藤五夜子、印刷所の三岸三輪子、コマーシャルガールの四村塩など局内の仕事に関わる9人の女性と関係していた。ある日、レストランを訪れた美輪子は風の妻・双葉に離婚して欲しいといきなり切り出した。だが双葉は驚くどころか全てを承知していた。次から次へと愛人を作る夫に愛想を尽かした双葉は離婚しようとも考えたが、結局はしてもしなくても同じだという結論に至った。気にしなければいいのだ。そこで夫のことを考える暇がないようにレストランの経営を始めたのだった。責任を感じないのかという美輪子の問いに、誰かが殺してくれればいいのよと双葉は答えた。

双葉が友人のように親しくしている市子が重要な話を持って来た。それは風を殺害する計画だった。その方法を話し合ううちに、いつしか本題から外れて行った。不思議と子供が産まれないのと市子が疑問を口にすると、双葉は二人の間で起きた出来事を話し始めた。双葉は最初の子供を死産し子供が産めない体になった。すると責任を感じた風も子供を作れない体にしたのだった。あの人を完全に自分のものに出来る人が現れたならあげたっていい、双葉は心からそう思っていた。

美輪子は風に結婚してくださいと頭を下げた。夫に先立たれ、中学生の息子と路頭に迷うのではないかと不安に思っていたときに美輪子は風と出会い、彼の力添えでテレビ局の仕事を請け負うことになった。その結果、会社は存続することになり経営も軌道に乗ったのだ。そのときに受けた恩義を美輪子は片時も忘れたことがなかった。いきなりの告白に風がうろたえていると、そうしないと殺されますよと言った。市子たちの殺害計画を聞いた風は、単なる嫌がらせなのだから深刻に考えることはないと美輪子を諭したのだった。だがその中に双葉がいることを知ると風の顔色が変わった。根が気弱な風は、何故自分が殺されようとしているのか理解が出来なかった。

不安の中で仕事を終えた風が相談相手に選んだのは双葉だった。冗談だと思っていたことも、十人から命を狙われているとなると話は別だ。十人で力を合わせれば完全犯罪も可能だと主張する双葉の話を聞いた風は、女たちから殺されるところを想像した。そしてその十人のうち九人が今まで関係を持った女たちだとを知った風はその人たちと縁を切るから殺すのは止めて欲しいと言った。だが双葉は彼が仕事に忙殺されているうちは態度を変える気はなかった。それが俺を殺す理由か。仕事を辞めれば女たちとも縁が切れると考えた風は、芝居を打って全てを水に流す提案をした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R