忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海のトリトン

  • posted at:2007-01-05
  • written by:砂月(すなつき)
うみのとりとん
オフィス・アカデミー
配給:東映
製作年:1979年
公開日:1979年7月14日
演出:富野喜幸
プロデューサー:西崎義展 黒川慶二郎
原作:手塚治虫
作画監督:羽根章悦
美術監督:伊藤主計 牧野光成
音響監督:浦上靖夫
音楽担当:松原武俊
音楽:鈴木宏昌
主題歌:「GO!GO!トリトン」ヒデ・夕木
効果:森賢二
編集:森本寛夫
製作助手:片山秀男
文芸進行:鶴見和一
製作担当:鈴木紀男 黒川慶二郎
総指揮:西崎義展
監修:舛田利雄
構成:松岡清治 富野喜幸
演出:棚橋一徳
演出助手:秦義人
音響:本田保則
編集:千蔵豊
製作担当:広岡修
声の出演:塩谷翼 広川あけみ 北浜晴子 八奈見乗児 野田圭一
スタンダード カラー 139分

昔、地中海の西にある大西洋にはアトランティスが存在していた。だが一夜にして海中に沈み、数千年の間、大陸は深海に眠り続けていた。その眠りを覚まさせたのは、7つの海に7人の司令官を置き、世界中の海を黒い死の海に変えようと目論む残忍非道な海の独裁者・ポセイドンとその一族だった。未だに反逆を繰り返し海に光を投げ掛けようとする宿敵・トリトン族の子が残されていることを知ったポセイドンは、部下たちに抹殺を命じた。 その頃、大西洋から遠く離れた日本の漁村に緑色の髪の元気な少年がいた。彼の名はトリトン。13年前、漁師の一平じいさんが猪の首岬の洞窟で赤ん坊を見つけた。赤ん坊の側に置かれていた書付でこの子の名がトリトンであることを知った一平は、運命を感じ育てることにした。友人は誰ともしれない子を育てるのは止めた方がいいと忠告したが、海からの授かりものなら尚更、大事にしなければならんと一平は決意した。それ以来、仲間たちからの冷たい視線に耐えながらトリトンの面倒を見た。

トリトンは海に潜る能力が大人よりも優れていた。その日、彼はいつもよりも深く潜ろうとしたのだが、何処からかそれを止めようとする優しい声が聞こえてきた。その声の主は白いイルカのルカーだった。ルカーはトリトンを猪の首岬の洞窟へ連れて行き、彼がトリトン族の忘れ形見であることを話した。13年前にトリトン族がポセイドン族に襲われたとき、両親から預かって洞窟に連れて来たのだ。一平の子だと信じて疑わないトリトンに、髪の色が人と違うこと、そして書付と一緒に置いて行った短剣と衣装が証拠だとルカーは言った。ひどく驚いたトリトンは家に帰って探し、高いところに置かれた行李の中から短剣を見つけた。運命に翻弄されるトリトンは一平が呼び止めるのも聞かずに家を飛び出した。猪の首岬の途中で泣き崩れるトリトンは怪物の咆哮に驚いた。浜に現れたのはポセイドンの手下である巨大なサラマンドラだった。ルカーはトリトンに早く剣と衣装を取るように言った。家に戻ったトリトンは、一平が衣装一式を整えてくれていたことに心を打たれた。ルカーから促されて衣装を身にまとったトリトンは颯爽と家を飛び出した。そしてイルカの背に飛び乗るとサラマンドラを連れ出すために沖へ出た。トリトンはサラマンドラを海深く引き込むことに成功したが、彼の体は水圧に悲鳴をあげた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R