忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パラサイト・イヴ

  • posted at:2005-07-08
  • written by:砂月(すなつき)
ぱらさいといぶ
フジテレビジョン=角川書店
配給:東宝
製作年:1997年
公開日:1997年2月1日
監督:落合正幸
製作:村上光一 川合多喜夫
製作統括:重村一 久板順一朗 松下千秋 阿部忠道 宍戸健司 阿部秀司
プロデューサー:小牧次郎 大川裕 堀部徹
プロデューサー補:関口大輔
協力プロデューサー:遠藤龍之介 上木則安 内山浩昭 菊池信夫
ラインプロデューサー:安藤親広
原作:瀬名秀明
脚本:君塚良一
撮影:柴崎幸三
音楽:久石譲
美術プロデューサー:杉山廣明
美術:柳川和央
照明:吉角荘介
録音:山方浩
編集:深沢佳文
製作協力:ROBOT
出演:三上博史 葉月里緒菜 中嶋朋子 別所哲也 大村彩子
アメリカンビスタ カラー 121分

大学の薬学部に勤務する生化学者の永島利明は、ヒトの中で生き続けるミトコンドリアの研究をしていた。ヒトの体は細胞が集まって出来ている。細胞の中心には核があり、その中には臓器などを形成するための設計図となる遺伝子=DNAが存在する。細胞の中には核の他にゴルジ体や液胞など様々なものが詰まっているが、核と同様に独自のDNAを持っているのがミトコンドリアである。そのことから利明はミトコンドリアが一つの生命体だと考えていた。通常、ヒトの遺伝子は父親と母親から受け継がれるが、ミトコンドリアは母親からしか受け継がれたいという特異な性質を持っていた。そこで世界中のヒトが持つミトコンドリアのDNAについて大掛かりな調査が行われ、20万年前まで遡った結果、アフリカの女性に辿りついた。アダムとイヴの神話から、彼女は「ミトコンドリア・イヴ」と呼ばれた。ヒトがまだ微生物だった10億年ほどの昔にミトコンドリアは体内に寄生(パラサイト)した。そしてミトコンドリアは寄生よりも共生の道を選び、ヒトが活動するために必要な進化するエネルギーを作り出すという重要な役割を担うことになったのだ。

利明が市民講座を行っている教室にやってきたのは、彼の妻・聖美だった。その日は結婚一周年の記念日だったが、利明にはまだやっておかなければならない実験が残っていたのだ。利明はごめんと謝ったが、それが二人の最後の会話だった。利明は聖美の手術を担当した清水学医師から脳死状態に陥っていることを告げられた。聖美は帰宅の途中で交通事故に遭い、人工呼吸器と薬剤の投与がなければ生きられない状態だった。翌日、利明は清水から脳死判定検査でネガティブだったと聞かされた。彼は聖美の父・茂と肩を落としてロビーのソファーに座っていたが、そこにやってきたのは清水と臓器移植ネットワークの小田切悦子だった。利明は聖美が腎臓のドナー登録をしていることを知っていたが、愛する妻の体が切り刻まれることには反対だった。悦子は臓器移植の大切さを切実に訴えたが、聖美の意思を尊重するという茂の同意は得たものの利明からは良い返事が貰えなかった。悦子は主要組織適合性複合体(HLA)が一致した患者を見つけ出し、移植に向けての活動を始めていた。悦子は改めて利明に接触を試みたが、彼の心は変わらなかった。そこに現れたのは市立中央病院の吉住貴嗣医師だった。彼が担当している12歳の患者・安斎麻里子は二年前に同じ手術を受けたが拒絶反応を起こし、心に深い傷を受けていた。吉住は腎臓をくださいと頭を下げたが、聖美が死んだという現実が受け入れられない利明は、まだ生きているんだと主張した。研究室で聖美と過ごした時間を思い出して泣き明かした利明は、培養器の中に入っている容器に目が釘付けになった。

市立中央病院を訪れた利明は、吉住に移植を承諾すると言った。そしてその条件として腎臓を差し上げる代わりに肝臓が欲しいと付け加えた。それを聞いた吉住は答えを渋ったが、手術を成功させるためにその条件を飲むことにした。摘出手術は成功し、妻の肝臓を手に入れた利明は大学に戻ると研究室に篭り肝細胞の培養を始めた。

屋台的映画館
PR

パルコフィクション

  • posted at:2005-07-01
  • written by:砂月(すなつき)
ぱるこふぃくしょん
「パルコフィクション」製作委員会(パナソニック=アーティストフィルム)
配給:パルコ=アーティストフィルム
製作年:2002年
公開日:2002年7月20日
エグゼクティブプロデューサー:座間隆司 米村知晃 甲斐真樹
Co-Producer:出真一 仁地乾人 矢口純子
発案:安田裕子
企画:安田裕子
音楽:金澤信一億
美術:早坂英明
編集:高成田大 中村平祐 森本亮裕
録音:小林徹哉
助監督:広田幹夫
制作担当:平山高志
撮影監督:白尾一博
照明:宮下昇
整音:鈴木昭彦
スタイリスト:トニー・クロスビー
ヘアメイク:小野あけみ
CG制作:大木靖久 三澤久睦
特殊美術:藤原慎二
企画協力:パルコ
アメリカンビスタ カラー 65分

『パルコ誕生』
監督:矢口史靖
脚本:矢口史靖
オープニングナレーション:サエミマユコ
出演:田中要次 相馬剛三 小島大輝 寺十吾 椎名令恵

ある会社の役員会議室では「新時代のショッピングビル計画」にふさわしい名称について議論が行われていたが、魅力的なアイデアは一向に浮かばず会議は長時間に及んだ。タバコの煙が会議室を白く染める中、一人の役員が突然その煙にむせ返り新鮮な空気を求めて室内を走り出した。そして会議室を飛び出した途端、正面の壁に激突し負傷した。その頃、河川敷では業者が粗大ごみを不法に投棄していた。ごみには雨水が溜まり、そこに繁殖したボウフラが蚊となって飛び立っていった。蚊はコンビニに設置された殺虫灯へ吸い寄せられるように飛んでいくと感電死した。小学二年生の鈴木徹は、鯉の餌にするために虫の死骸をコンビニの店員から貰っていたが、父親の転勤で大切な鯉を手放さなければならなくなった。徹は鯉を川に逃がしたが、対岸で釣りをしていた老人が見事に釣り上げた。老人は自宅でそれを調理して食べたが、喉に骨が引っかかり苦しくて思わず立ち上がったが転倒してケガをしてしまった。翌日、病院の診察室には車椅子に乗った老人と入れ替わりに入ってきた会社役員の姿があった。彼は看護師が片付け忘れた老人の胸のレントゲン写真と自分のレントゲン写真を偶然重ね合わせたところ、驚くべきものが浮かび上がってきた。

『入社試験』
監督:矢口史靖
脚本:矢口史靖
出演:真野きりな 近藤公園 福田勝洋 大高敏宏 古澤弘年

パルコの面接試験に臨んだ花子は、入社したらどのような仕事がしたいかという面接官の質問に広告に関することをやってみたいと答えた。一方、隣に座る東大男は、大学時代にコンピュータの通信ソフトを開発したのでその経験を活かしてネットワークに密接に結びついた新しい形の映像ソフトを作りたいと答えた。花子が鼻血を出したこともあり、この面接は終始、東大男のペースで進んでいった。面接官は落ち込んで廊下を歩いていた花子に一通の封筒を渡した。そして「この封筒を最後まで開けなかったら合格ですよ」と言った。自宅へ帰った花子は封筒の中を見たいという衝動に駆られ、きれいにのりを剥がす方法を試したが、無理だとわかるとあっさりと諦めてしまった。数日後、花子の採用が決まった。彼女は新入社員の中に東大男の姿を探したが、いないことを確認するとホッと胸を撫で下ろした。帰宅後、部屋の片付けをした花子は、雑誌の間から滑り落ちたあの封筒に気付いた。採用が決まってしまったし問題ないだろうと判断した花子は、封を切った。すると中には様々な指示が書いてあった。好奇心が強い彼女は、そこに書かれたとおりの行動してみることにした。

『はるこ』
監督:鈴木卓爾
脚本:鈴木卓爾
出演:村上東奈 進藤幸 高橋健太 田邊年秋 佐藤佐吉

木下家ではテレビでパルコのCMが流れ店名がコールされる度に自分が呼ばれていると祖母・はるこが勘違いした。はるこは夫から溺愛されたが、もう彼女を名前で呼ぶ人はこの世におらず毎日寂しい思いをしていた。はるこがそのつどおかしくなる様子を見て心配した孫娘のイズミは、こども電話相談室に電話をかけた。相談員の斧はCMが始まったらテレビを消す方法をアドバイスをし、イズミはCMが流れ始めるとそのとおりにテレビの電源を切ってみた。すると誰かが部屋に入ってきたのだ。イズミが驚いて振り向くと、そこに立っていたのは少女の姿をしたはるこだった。イズミは再びこども電話相談室に電話をかけた。すると斧は、CMを止めてもらうか店名を変えてもらうしかないとアドバイスをした。それを真に受けたイズミは、まぶだちのムラチューを連れて上京することにした。

『バーゲン』
監督:矢口史靖
脚本:矢口史靖
出演:猫田直 塩野谷恵子 紫とも 坂井三恵 稲田千花

グランバザール初日、店員の鈴子にとって気がかりなことがあった。それは以前から目を付けていたピンクのワンピースが売り切れてしまうことだった。そのワンピースは人気があったが、一般客たちは買い控えをしてこの日を待っていた。そして鈴子の不安は的中し、ワンピースは飛ぶように売れていった。その様子に堪えられなくなった鈴子は、ついに禁じ手を使うことにした。一着だけ残っていたワンピースを店内に飾られた観葉植物の陰に隠しレジでこっそりと精算したのだ。計画はうまくいったかに見えたが、風水にこだわる店長によってその植木鉢が人の目に付きやすい場所に移動されてしまった。閉店後、照明の落ちた館内で機会を窺っていた鈴子は、巡回してきた警備員が遠ざかるのを待ち、チャンスと見るや店に戻ってワンピースを手にした。彼女は思わず微笑んだが落ち着いてはいられなかった。また警備員がやってきたのだ。慌てふためく鈴子はついに階段の踊り場に追い込まれてしまった。もう逃げられないと思ったそのとき、目に付いたのは小さな窓だった。彼女はその窓から脱出することに成功した。警備員から逃げ延びた鈴子は、自分が置かれている状況をすぐに把握することができなかった。彼女はビルとビルの間に挟まれていたのだ。

『見上げてごらん』
監督:鈴木卓爾
脚本:鈴木卓爾
出演:唯野未歩子 荒川良々 田村たがめ 徳井優 緒方明

パルコの店員・山谷美都子は、上を見ると気を失う世界でも稀なスカイ・スクレーパー症候群に悩まされていた。それは幼少期に起きた出来事がトラウマになっていた。小柄な美都子の悩みの種は満足できる恋愛が出来ないことだった。気になる男性はみな自分よりも背が高いのだ。さらに立ちくらみを恐れることでうつむくようになり、他人から卑屈だと思われることを気にしていた。自分を変えたいと思った美都子はセラピストのところへ相談に行きカウンセリングを受けた。仕事ではちょっとしたことで何度も気を失うことがあり、その度に警備員の大須観三が現れて美都子を助け起こすと「仕事ですから」と言って去って行った。ある日、美都子は観三から食事に誘われた。彼女の同僚・荒間素敵子は、ストーカーの誘いには応じない方がいいと警告したが、セラピストからは自らが変わる努力をしなければならないと忠告されていたこともあり、素直に応じることにした。美都子はハイヒールを履く努力をして待ち合わせの場所にやってきたが、観三が予約したレストランが見晴らしのよいところにあることを知って愕然とした。美都子は観三に不満をぶちまけたが、その拍子に彼女はいつの間にか階段を上っていた。我に返った美都子は立ちくらみを起こしてバランスを崩すと観三は慌てて抱きかかえたが、二人は階下へ転落して行った。

エンディング『ポップコーンサンバ』
監督:鈴木卓爾
脚本:鈴木卓爾

屋台的映画館

晴れ、ときどき殺人

  • posted at:2005-06-28
  • written by:砂月(すなつき)
はれときどきさつじん
角川春樹事務所
配給:東映セントラルフィルム
製作年:1984年
公開日:1984年5月26日 併映「湯殿山麓呪い村」
監督:井筒和幸
制作:角川春樹
プロデューサー:黒澤満
原作:赤川次郎
脚本:丸山昇一
撮影:浜田毅
録音:宮本久幸
照明:井上幸男
美術:徳田博
編集:冨田功
制作担当:青木勝彦
音楽:宇崎竜童
主題歌:「晴れときどき殺人(キル・ミー)」渡辺典子
音楽プロデューサー:高桑忠男 石川光
記録:今村治子
キャスティング:飯塚滋
スタイリスト:林洋子
メーキャップ:長岡英子
衣裳:斉藤昌美
スチール:浅石靖 今村幸正
コンピューターアドバイザー:宮野洋美
助監督:榎戸耕史 伊藤裕彰 加藤晃 田中潤
制作協力:株式会社セントラルアーツ
出演:渡辺典子 太川陽介 松任谷正隆 伊武雅刀 美池真理子
アメリカンビスタ カラー 98分

巨大グループ企業・北里インターナショナルの北里浪子会長は、翌日に着工を控えた自社ビル建設予定地に足を運びこれまでの苦労を思い返していたが、偶然そこでコールガールの惨殺死体を発見し、逃げる犯人らしき人物を目撃した。3ヶ月経った現在も犯人の手掛かりは得られず、浪子はというと未だに夢に出てくるコールガールの姿に悩まされていた。そんな中、警視庁から逮捕した容疑者の確認をして欲しいという要請があった。当時夜だったこともあって唯一の目撃者である浪子は自分の記憶に確信を持てずにいたが、直接見れば何か思い出すのではないかと考え引き受けることにした。だがその直後に聞き覚えのない声の男から電話が掛かり、警察に連行された男をコールガール殺しの犯人だと証言しろと脅された。さもなくばアメリカに留学中の娘・加奈子を殺すというのだ。プロの殺し屋を雇って四六時中監視しており、嘘だと思うなら廊下の植込みを見ろと言って電話は切れた。浪子がたまらず植込みを調べると、見つけた封筒の中には加奈子が生活をしている様子を捉えた写真が数枚入っていた。その後、周囲で不審な出来事が続いたことで命の危険を感じた浪子は偽証を決意した。その結果、無実の男は自殺に追い込まれたことで彼女は苦しみに耐えなくてはならなくなった。

3か月後、帰国する女子大生の加奈子を空港で出迎えた浪子はこれまでに起きたことを胸にしまうことに決めた。だが寝室で娘と二人きりになるとどうしても隠し切れずに真実を語った。写真と一緒に入っていた脅迫状と、昨年もらった年賀状のうち一枚の文字が良く似ていたことから、真犯人はごく身近な人の中にいることがわかっていた。心臓に不安を抱え自分には残された時間が短いと考えていた浪子は岩下公一という探偵を雇って調べさせており、明日にもその結果がわかることになっていた。彼女は犯人の名を告げようとしたが、そのまま眠るように息を引き取ったのだった。

悲しみに暮れる中、二人の刑事が訪ねてきた。浪子が目撃した事件の被害者は胸にほくろがあり頸動脈をひと突きされて殺されていたが、その一週間前に起きた事件の被害者(コールガール)も同様の手口で殺されていたというのだ。二つの事件が同一人物による犯行だとし、その容疑者として浮上したのは、大学を中退し今は無職の上村裕三という青年だった。写真を見せられても記憶になく、そうなると母の証言と食い違うことから、加奈子は一人で考えるために刑事たちを家から追い出した。一息つきコンタクトレンズを落としたことに気づいた彼女が床に這いつくばって探していると、ソファーの向こう側に人の気配を感じた。何故かそこに裕三が隠れていたのだ。

屋台的映画館

初笑い びっくり武士道

  • posted at:2005-06-19
  • written by:砂月(すなつき)
はつわらいびっくりぶしどう
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1971年
公開日:1971年1月21日 併映「生まれかわった為五郎」
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美 浅井良二
原作:山本周五郎
脚本:加藤泰 三村晴彦 野村芳太郎
撮影:川又昂
音楽:冨田勲
美術:重田重盛
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
照明:三浦礼
編集:浜村義康
タイトルデザイン:荻原賢次
監督助手:山根成之
装置:中村良三
装飾:印南昇
進行:長嶋勇治
衣裳:東京衣裳
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
出演:萩本欽一 坂上二郎 光本幸子 岡崎友紀 榊原るみ 
シネマスコープ カラー 86分

越前・福井の藩士である双子六兵衛は、家禄は永代御堀支配の役で百八十石三十五人扶持を頂戴している。御堀支配とは、城の内濠外濠における水量の監視や泥浚い、石垣の崩れを修理するなど堀に関する一切を管理する役目だが、六兵衛の父の代からこれらは普請奉行の管轄となった。今では名目だけで実務なしという状態が続いていた。その六兵衛が臆病者だということは藩内の誰もが知っていた。ある晩、南田利兵衛は彼に怖いの話をし、その後すぐに屋敷の見回りに行かせた。風に舞う枯葉の音におっかなびっくりしながら歩く六兵衛は、厠へ行った殿様・松平宗矩と傍に仕える美少年・加納平兵衛を幽霊と見間違え、慌てふためいた末に布団の中に頭を突っ込んだ。彼が飛び込んだその部屋は殿様の寝所だった。体を震わす六兵衛を見た宗矩はあきれ返った。翌日、その話は城中に知れ渡っていた。六兵衛は宗矩の寛大な計らいにより切腹を免れたが、皆彼の姿を見て蔑み嘲笑した。

六兵衛の妹・かねは中野大八郎と結婚の約束をしていたが、彼は父親にその話を打ち明けることが出来なかった。それは六兵衛が起こした幽霊騒動を聞き、ひどく立腹していたからだ。家に帰ったかねは、兄妹揃って縁談の話がないのは兄上が臆病者だと言われているからだと言った。そして侍でいて臆病者と言われるような者のところへ嫁が来ないのは当然だとまくし立てた。そうは思わないかと問われた六兵衛がうすうす感づいていたと答えると、かねは臆病者の汚名をすすぐためになにかをしてもいい頃ではないかと拳を震わせながら言った。すると六兵衛は、自分でもそう思うんだが道に落ちている財布を拾うというわけにはいかないと答えた。その言葉を聞いたかねは兄を一喝した。「お拾いなさい!」。

延享三年秋、領内兎ヶ岳において福井藩家例の牧狩が催された。その夜、開かれた宴席で平兵衛はかねてから想いを寄せていたお抱え武芸者で剣道指南役の仁藤五郎太夫昂軒に胸の内を訴えた。昂軒もその道は嫌いではなかったが、平兵衛の告白が衆道の義理に外れた振る舞いだと烈火のように怒った。武士として義理に外れた者を許すわけにはいかないと判断した昂軒は平兵衛を斬り、城下を逐電した。昂軒は、城の門に貼り紙をして出て行った。そこには、これから北国街道をとって江戸へ行く、逃げも隠れもしないから追っ手を向けるなら尋常に勝負致すと書かれてあった。平兵衛を寵愛していた宗矩は、昂軒はおれに刃を向けたも同じだ、上意討だと激怒し、すぐに討手を出せと命じた。ところが相手が相手なだけに私がと名乗り出る者は一人もいなかった。だからといって人数を組んで立ち向かえば越前家の面目に関わる。どうしたものかと評議しているところに名乗り出たのは六兵衛だった。六兵衛は震えながら私が参りますと言ったが、何の冗談かと誰も相手にしなかった。そこへやってきた宗矩は、誰が討手に決まったのかと中老・中野を急かした。中野はこの男でございますと六兵衛を指差した。

六兵衛は旅支度のために帰宅した。事情を知らないかねは、兄が何かをやらかして夜逃げをするのだと思っていたが、長い間の汚名をすすぐときがきたと奉書の包みを差し出されると息を呑んだ。その表には「上意討之趣意」とあり、中には仁藤昂軒の罪状と、討手役・双子六兵衛に便宜を与えてくれるようにという内容が藩公の名でしたためてあった。かねはやめて下さい、そんなばかなことと哀願したが、六兵衛は、だめだと言った。そしてこれは私のことだ、私も一生に一度ぐらいは役に立つ人間だということを証明したいんだと言った。かねは泣きながら自分を責めた。その姿を見た六兵衛は、早く旅の支度をしてくれ、泣くのはあとだと言った。昂軒を追って早籠を飛ばした六兵衛は、大聖寺川の渡し場でついに追いついた。そこで十数人の荒くれ人足と立ち回る昂軒の姿を見た六兵衛の足は震えた。どうしようもないくらい震えた。

屋台的映画館

波涛を越える渡り鳥

  • posted at:2005-06-19
  • written by:砂月(すなつき)
はとうをこえるわたりどり
日活
配給:日活
製作年:1961年
公開日:1961年1月3日 併映「大出世物語」 1月9日~「俺の血が騒ぐ」
監督:斎藤武市
原作:原健三郎
脚本:山崎巌
企画:児井英生
撮影:高村倉太郎
音楽:小杉太一郎
主題歌:「アキラのブンガワンソロ」小林旭
・・・:「ギターを持った渡り鳥」小林旭
美術:坂口武玄
編集:近藤光雄
録音:米津次男
照明:大西美津男
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
現像:東洋現像所
製作主任:林本博佳
技斗:高瀬将敏
出演:小林旭 浅丘ルリ子 宍戸錠 白木マリ 小高雄二
シネマスコープ カラー 80分

昭和三十五年十一月、横浜。滝伸次は港でギャング団に襲われている男を助け出した。その男=松本丈二は、友人から頼まれた地図を香港へ届けるように言われ、自宅から持ち出した帰りに襲われたのだ。彼の友人=東都大学の研究員・南篠は、カンボジアにあるアンコールワット遺跡の発掘に携わっていた。ギャング団について見に覚えが無いことから、丈二は彼らが地図を何か別の書類と勘違いしたのだろうと考えていた。しかし伸次には気に掛かることがあった。主犯格の男の首に掛かっていたペンダントだった。争ったときに思わず引きちぎったそのサンゴのペンダントは伸次と兄しか持っていないはずだった。

昭和十九年十一月、ビルマ・タイ国境付近では、仕事で来ていた滝一家が敗色濃厚の日本軍とともに退却していた。上空に爆音が轟き、突然の空襲に驚いた人々は逃げ惑った。伸次の父と母は機銃掃射に見舞われ、兄は弟を救うために自分の身を犠牲にして谷底に落ちた。一人残された伸次は父親の取引先である資産家のロチャ・ナ・ブリを訪ね、終戦まで大切に育てられたのだ。

翌日、主犯格の男を何度か飛行機の中で見かけたことを思い出した丈二は伸次と空港へ行き過去の乗客名簿を洗い出し、男が香港忠安公司のヴァン・ジェラールであることを突き止めた。ところがジェラールはその日の定期便で香港へ旅立っていた。伸次は、仕事でマニラへ行くことになった丈二のかわりに香港へ書類を届けることになった。

香港の空港では丈二の妹で東洋芸大の学生の則子が南篠の代理として伸次を出迎えた。則子は調査でバンコクへ行った南篠の許嫁だった。伸次は則子の案内で忠安公司を訪ねるが、その場所はすでに別の会社が所有していた。兄のことがわかるかもしれないと思っていた伸次は手掛かりを失い落胆した。その夜、ホテルに泊まった伸次は、向かいの則子の部屋が騒がしいことに気付き、急いで駆け付けた。そこには先回りして忍び込んだジェラールが則子から地図を奪おうとしていた。伸次の一撃でジェラールは怯んだが、地図は掴んだまま離さなかった。彼は銃を構えて伸次を威嚇すると窓から逃げ出した。南篠の身が危ないと感じた伸次は、バンコクへ行くことになっていた則子に同行することにした。ジェラールから地図を取り返すために。そして兄の手掛かりを探すために。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R