忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トラック野郎 御意見無用

  • posted at:2007-11-10
  • written by:砂月(すなつき)
とらっくやろうごいけんむよう
東映
配給:東映
製作年:1975年
公開日:1975年8月30日 併映「帰って来た女必殺拳」
監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文 沢井信一郎
企画:高村賢治
撮影:仲沢半次郎
録音:内田陽造
照明:山口利雄
美術:桑名忠之
編集:田中修
助監督:馬場昭格
記録:勝原繁子
擬斗:日尾孝司
スチール:藤井善男
進行主任:堀賢二
装置:井保国夫
装飾:米沢一弘
美粧:吉住久良蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
演技事務:山田光男
現像:東映化学
音楽:木下忠司
主題歌:「一番星ブルース」菅原文太 愛川欽也
挿入歌:「トラック・ドライビングブギ」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
企画協力:株式会社カントリー
協力:トラックアクセサリー専門店塚本屋中村商店 ニットータイヤ
出演:菅原文太 夏純子 中島ゆたか 湯原昌幸 愛川欽也
シネマスコープ カラー 98分

日本全国を愛車の11トントラック・一番星号で駆け回る長距離運転手の星桃次郎は、熱血漢で情にもろいが惚れっぽいのが玉に瑕。家を持たない彼はトラックで寝泊りし、特殊浴場を第二の故郷としている。緊急車輌と称して進路を強引に確保したり、積荷をちょろまかすのはお手の物。そんな彼の相棒は、4トントラックの運転手でやもめのジョナサンこと松下金造。四男、三女、妻一人の大家族の大黒柱で、温厚な性格は桃次郎から信頼を得ている。かつて警官だった彼は、花巻の鬼台貫としてトラック野郎たちに恐れられた。台貫とは過積載取締りで使用される大型の秤で、代官と台貫をもじってそう呼ばれていたのだ。だがパトカーでの飲酒運転が発覚したことで懲戒免職となり、トラック運転手に転職したのだ。彼らの行くところに騒動あり。

函館へ向かう途中にトイレ休憩で盛岡の手打ちうどん・くるまやに立ち寄った桃次郎は、そこで働くウェイトレスの倉加野洋子に一目惚れした。あんなきれいな娘が不釣合いな場所で働いているのには何か特別な事情があるに違いないと思った金造は、彼女の心のうちを聞きだそうとした。だが紳士ぶった桃次郎がよせと遮り、人には触れられたくない昔があるんだとかっこつけた。話の流れで二人が北海道へ行くことを知った洋子は、ハマナスがきれいでしょうねと呟いた。桃次郎はその言葉が忘れられず、荷を降ろしてからも函館中を回ってハマナスの花を探しが見つからなかった。青函フェリーで青森に戻ってきたものの桃次郎の心はここにあらず。金造が桃次郎を元気づけるためにストリップ劇場・青森ロマンス座に入ろうと誘っていたそのとき、ヤクザ者から追われる男が入り口から飛び出してきた。車に傷をつけられたことに怒り心頭の桃次郎は、襲ってくる奴らを片っ端から殴り倒した。その様子に金造は、ハマナスボケが治ってよかったと心から喜んだ。

桃次郎に助けられた男は万田千吉といい、踊り子に手を出したことでヤクザ者にたたき出されたのだ。行くところのない千吉は助手にして欲しいと頭を下げてきたが、金造は粋なトラック野郎は助手を持たないんだと相手にしなかった。だが社長と呼ばれ、トラックを褒められていい気持ちになった桃次郎は快諾した。それに腹を立てた金造は絶交した。再びくるまやに立ち寄った桃次郎は、駐車場から店内の様子を探ると千吉にあのきれいな子に花束を渡してこいと命じた。千吉が花屋で手に入れた花束は赤いカーネーションだったが、桃次郎にはハマナスが赤い花だという情報しか持ち合わせていなかったため、これで代用したのだ。大成功だと店から飛び出してきた千吉に、桃次郎は気を良くして店内に入ったが、花束を持っていたのは洋子ではなくモナリザお京こと竜崎京子だった。何かと桃次郎の世話を焼く京子は、大好きなカーネーションを貰ったことで喜びが爆発。足取りも軽く仕事に向かった。複雑な心境でいる桃次郎に声を掛けてきたのは、勝負がしたくて九州から出て来たという関門のドラゴンだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R