忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大巨獣ガッパ

  • posted at:2005-07-03
  • written by:砂月(すなつき)
だいきょじゅうがっぱ
日活
配給:日活
製作年:1967年
公開日:1967年4月22日 併映「猛獣狩マルガ」
監督:野口晴康
企画:児井英生
原案:渡辺明
脚本:山崎巌 中西隆三
撮影:上田宗男
音楽:大森盛太郎
主題歌:「大巨獣ガッパ」美樹克彦
・・・:「がんばれ仔ガッパ」ダニー飯田とパラダイスキング
美術:小池一美
照明:土田守保
録音:高橋三郎
編集:辻井正則
助監督:小沼勝
色彩計測:永塚各一郎
現像:東洋現像所
製作担当者:小石次彦
振付:漆沢政子
監督補:橋本裕 林功
特殊撮影・ 撮影:柿田勇 金田啓治 中村義幸
特殊撮影・ 照明:高橋勇
特殊撮影・ 色彩計測:小川喜久夫
特殊撮影・ 美術:山本陽一
協力:日本特撮映画株式会社 渡辺明
協力:菅沼峻 真野田幸雄 大隅銀蔵
出演:川地民夫 山本陽子 小高雄二 和田浩治 藤竜也
シネマスコープ カラー 84分

プレイメイト社の船津社長は、週刊誌プレイメイトの創刊5周年を記念して行われるイベントをマスコミに先行公開した。それは近々オープンする南海の楽園をイメージしたテーマパークだった。この楽園の呼び物は、温泉と珍しい小鳥や動物、そして南海の美女だった。レストランでは彼女たちが民族料理とショーで客をもてなすのだ。

南太平洋・キャサリン諸島のオベリスク島に向かう一隻の貨物船には生物採集と美女のスカウトのためにプレイメイト社から派遣されたスタッフと東都大学の生物班が乗っていた。島に到着する前日、船は大きな揺れに襲われた。甲板で釣りをしていた林三郎は巨大な生物が掛かったと大騒ぎをしたが、東都大学生物学助教授・殿岡大造はオベリスク島の火山噴火に起因する津波ではないかと考えていた。双眼鏡で島の様子を観察するプレイメイト社のカメラマン・小柳糸子は巨大な石造を発見した。それを見た記者の黒崎浩は、イースター島の石像にそっくりだと言った。そして諸島が地続だった大昔にそれが陥没して太平洋ができたのならば、同じ石像があっても不思議ではないという持論を展開した。陥没したと言われる海底からも同様の石像が発見されていたのだ。島に上陸した一行は原住民の村に迷い込み、槍を持った村人たちにあっという間に取り囲まれた。身の危険を感じた浩たちが身構えたとき、建物から出てきたのは村の長老だった。浩たちが日本人であることがわかると村人たちは彼らを手厚く歓迎した。戦時中、日本軍は島の発展に貢献した。彼らは何らかの理由で島を離れて行ったのだが、そのとき軍の中隊長は必ず帰ってくると約束した。長老はその約束を果たしに帰って来たと信じ込んでいたのだ。長老は「ガッパ、オコリ、ヤメル。モウダイジョウブ」と言った。「ガッパ」という聞きなれない言葉に戸惑う浩は少年・サキに身振りをまじえて尋ね、あの石像の名前ではないかという仮定に至った。そこでサキに石像まで道案内をして貰うことになった。

石像の方へ歩いて行こうとした浩と糸子をサキが止めた。石像に近付くとガッパが怒るというのだ。迷信など端から信じないたちの浩がサキの助言を無視して歩き出したそのとき、巨大な地震が島を襲った。すると石像が崩壊しその跡には洞穴が現れた。浩たちはサキが止めるのを聞かずに中へ入って行った。二人が奥へ進んでいくと、巨大な湖に行き当たった。その先には大きな卵があり、余震のショックで孵化してしまった。二人を追って洞窟に入った殿岡たちに糸子は見て貰いたいものがあると言った。新たな命、それは緑色をした1メートル60センチの見たこともない生物だった。思わぬ収穫に喜んだ殿岡は、ガッパの怒りや呪いを恐れる長老の猛反対を押し切ってその生物を日本へ連れ帰ることにした。卵の傍には巨大な骨が転がっていたことから生物の親は何万年も前に死滅し冬眠状態の卵が地熱の蒸気で孵化したと結論付けた。つまりガッパの怒りはありえないのだ。ところが貨物船が出港した後、湖底から二頭の巨大生物が現れた。子供を捜すガッパは怒り狂い、島の集落は潰滅の危機に陥った。

屋台的映画館
PR

脱線三銃士

  • posted at:2005-07-02
  • written by:砂月(すなつき)
だっせんさんじゅうし
日本テレビ映画社
配給:新東宝
製作年:1958年
公開日:1958年9月14日 併映「母恋鳥」
監督:千葉胤文
原作:山口素一
脚本:勝俣真喜治 千葉胤文
撮影:砂山利宗
音楽:吉野達彌
照明:梶孝三
録音:上出栄二郎
助監督:勝俣真喜治
編集:稲葉郁三
製作主任:角田卓郎
出演:由利徹 南利明 八波むと志 折原啓子 丹波哲郎
スタンダード モノクロ 44分

タクシードライバーの八波、サンドイッチマンの南、看板屋の由利の一日は、常盤食堂を手伝うことから始まる。三人は朝起きるとまず店主の娘・お咲の顔を見るために食堂へ行き、一仕事。それからそれぞれの職場へ向かうのが日課になっていた。

南はいつものように街中でプラカードを持って宣伝用のマッチを配っていたが、たまたま一掴みづつ配っているところを広告主に見つかりクビになってしまった。その話を聞いたお咲は彼を気の毒に思い、次の職が見つかるまで食堂で働けるように父親に頼んだ。由利は雇い主であるコクユー塗装の親爺から妾宛ての手紙を預かった。無事に届けたが、家の前に停めてある彼の自転車を通りかかった親爺の妻が見つけてしまった。家に上がりこんできた妻に対し由利は彼女が自分の恋人だと言い張るが、ならばその証拠を見せろと言ってきた。べったりとくっついている二人の様子を外から伺っていた親爺は、由利をクビにした。八波は怪我をした子供をタクシーで病院へ運んだ。母親が200円しか持っていなかったため彼は善意で受け取ろうとしなかった。走行距離と料金が合わないことを大和交通の社長に問い詰められた八波は本当のことを言ったが、信じてもらえずクビになった。

由利と南は突然田舎に帰ると言い出した。そこで二人がお咲を諦めたのだと考えた八波は彼女に理想の男性のタイプを聞いてみた。その答えは「自衛隊の隊長さんよ」。八波は思い切って自衛隊に入隊することにした。知り合いなどいないはずの自衛隊、だがその中に見慣れた顔が二つあった。

屋台的映画館

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス

  • posted at:2005-06-28
  • written by:砂月(すなつき)
だいかいじゅうくうちゅうせんがめらたいぎゃおす
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1967年
公開日:1967年3月15日 併映「小さな逃亡者」(再映)
監督:湯浅憲明
企画:仲野和正
製作:永田秀雅
脚本:高橋二三
音楽:山内正
主題歌:「ガメラの歌」ひばり児童合唱団
撮影:上原明
照明:久保江平八
録音:奥村幸雄
美術:井上章
編集:中静達治
音響効果:小倉信義
助監督:小林正夫
現像:東京現像所
製作主任:川村清
特殊撮影・撮影:藤井和文
特殊撮影・助監督:阿部志馬
特殊撮影・美術:矢野友久
特殊撮影・合成:金子友三
特殊撮影・操演:金子芳夫
特殊撮影・照明:熊木直生
出演:本郷功次郎 上田吉二郎 笠原玲子 丸井太郎 螢雪太朗
シネマスコープ カラー 87分

ある日の未明に明神礁がある辺りの海底火山が突如噴火し、続いて三宅島が噴火した。この二つの噴火に関連があると考えた地殻変動研究所の所長は急遽記者会見を行うことにした。所長はこの現象が富士火山脈が活動を開始したことを意味していると言った。噴火の場所が北へ移動しているということはその北にある休火山にも影響するのではないかと記者の一人が質問すると、所長は十分に予想できると答えた。進路の先には富士山が控えていたのだ。そして皆が心配していた通り富士山が噴火した。その熱エネルギーに魅かれて来たのは大怪獣ガメラだった。飛来して来たガメラは火口へ姿を消した。

翌日、富士山とガメラの調査のために各界の権威で構成された総合調査団を乗せたヘリコプターが火口へ向けて出発した。ヘリコプターが河口付近を通り過ぎたとき、山中から放たれた超音波が命中した。機体は真っ二つに切り裂かれ、墜落して行った。その頃、中央縦断高速道の冨士東地区工事現場では問題が起こっていた。住民による立ち退き反対運動で工期が大幅に遅れている上にガメラの出現で工事が中断していたのだ。おかんむりの道路公団開発局長は現場主任の堤志郎技師に直接電話を掛け、噴火だのガメラだのは工期遅延の言い訳にはならないと叱責した。調査団の結果を受けて判断しようと考えていた堤だったが、局長の言い分を聞き入れ工事を再開することにした。彼は話し合いで解決するために工事現場へ向かったが、住民たちの抵抗に遭ってそれどころではなかった。住民たちはゴネればゴネるほど補償金が高くなるという金丸辰ヱ門村長たちの入れ知恵に踊らされていたのだ。彼らは作業員が戻って来られないように飯場を取り壊すことにした。

堤たちが飯場にやってきたのは測量以来だったが、建物は無残な姿になっていた。それを見た堤は、話し合いがつくまで妨害が続くだろうが目的達成までは辛抱して欲しいと皆の心を一つにまとめた。作業員たちが修復作業を始めたとき、八公が不思議な光景を目撃した。それは山の一部が緑色に発光するという現象だった。堤が金の鉱脈がある山は気象条件でそう見えることがあると説明すると、マイトの熊はそれが俺たちを山に近づけない理由だと言った。

作業員と住民が揉めているのを利用して山に忍び込んだ中日新報の記者は独自に取材を敢行していたが、辰ヱ門の息子・英一少年に見つかってしまった。記者は英一から二子山への近道を聞き出そうとしたが、彼はそんなことをしたら裏切り者扱いされてしまうと言った。そこで記者が発光現象はガメラが関わっているかも知れないと言うと、少年は前言を撤回し案内を始めた。山奥へ進んで行くうちに二人は洞穴から緑色の光が漏れているのを発見した。記者は入り口で二の足を踏んでいたが、少年から折角来たんだから探検しようと言われたため、しぶしぶ付き合うことになった。洞穴に入ってしばらくすると大きな揺れが二人を襲い、無数の岩が落ちてきた。怖くなった記者は少年を置き去りにしたまま外へ飛び出してしまった。彼を待っていたのは鋭い牙を持つ巨大な口だった。

屋台的映画館

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

  • posted at:2005-06-24
  • written by:砂月(すなつき)
だいかいじゅうけっとうがめらたいばるごん
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1966年
公開日:1966年4月17日 併映「大魔神」
監督:田中重雄
企画:斉藤米二郎
製作:永田秀一
脚本:高橋二三
音楽:木下忠司
撮影:高橋通夫
照明:柴田恒吉
録音:奥村幸雄
美術:柴田篤二
編集:中静達治
助監督:瀬川正雄
現像:東京現像所
製作主任:沼田芳造
特殊撮影・監督:湯浅憲明
特殊撮影・撮影:藤井和文
特殊撮影・美術:山口熙 井上章
特殊撮影・合成:金子友三
特殊撮影・照明:石坂守
特殊撮影・操演:恵利川秀雄
特殊撮影・助監督:阿部志馬
特殊撮影・製作主任:川村清
出演:本郷功次郎 江波杏子 夏木章 藤山浩二 早川雄三
シネマスコープ カラー 100分

世界を恐怖に陥れた大怪獣ガメラは、人類最後のZ計画でロケットに封じ込められ火星に向けて発射された。ところが突如進路上に出現した巨大な隕石と衝突し、ロケットの胴体は真っ二つに裂けた。カプセルに閉じ込められていたガメラは再び姿を現すと地球へ舞い戻った。その目的は体内に電力エネルギーを蓄えるためだった。東洋一の発電量を誇る黒部ダムはガメラに狙われた。発電所を破壊してエネルギーを蓄えたガメラは、噴火を続ける赤道直下のウザール火山に灼熱の炎を求めて飛び去って行った。

遊覧飛行の会社に勤めていた平田圭介の夢は自分で観光飛行機の会社を立ち上げることだった。だがそうするには費用が足りなかった。操縦士のライセンスを取ったばかりの圭介は会社を辞め、退職金を兄・一郎の資金稼ぎに充てることにした。戦時中、捕虜収容所に入れられる前にジャングル内の鍾乳洞で大きなオパールを発見した一郎は、再び同じ場所へ隠した。それは20年も前の話だが、現地人も近づけない程の場所だから大丈夫だと確信していた。当初、一郎は信頼する二人の仲間、小野寺と川尻とともに行くことになっていたが、急遽圭介を参加させることにした。川尻が乗り組む淡路丸は神戸港を出て25日目にニューギニアに着く。そして一部の積荷を降ろした半月後にもう一度ニューギニアに戻ってくることになっていた。その間に洞窟で眠るオパールを探し出すのだ。上陸する理由は奥地で戦死した戦友の遺骨探しだった。計画ではヘリコプターをチャーターをすることになっていたが、圭介を抜擢した理由はそれを操縦させるためだった。川尻は偽の船員手帳を発行し、淡路丸に圭介と小野寺を潜り込ませた。

圭介たちはニューギニアに上陸すると闇ドルでヘリコプターをチャーターし、鍾乳洞に近い部落に着陸した。そこの人々は戦時中も日本人に好意的だったため道案内を頼もうとしたのだが言葉が通じなかった。だがその中の一人、カレンだけは違った。彼女は風土病の研究をする松下博士の助手だった。十数年前にやってきた松下は風土病で妻を失った。それでも研究の発展のために残り、争い事のないこの地で暮らすことに決めたのだ。松下から部落へ来た理由を尋ねられた圭介は洞窟の調査だと答えた。すると松下は行ってはいかんと言った。虹の谷と呼ばれるその場所には魔物が棲んでいて、生きて帰った者はいないと言い伝えられているのだ。人を近づけないということは宝が眠っているからだと考えた小野寺たちは住民が止めるのを無視して洞窟に向かった。

ジャングルを突き進む三人は困難を乗り越えて洞窟の入り口を発見し、一郎から聞いたポイントを探した。そしてついに川尻がオパールを発見した。喜ぶ三人だったが、川尻はサソリに刺されて絶命した。欲に目が眩んだ小野寺はサソリが川尻の足を這っていることを知りながら見殺しにしたのだ。仲間が死んだにも拘らず冷めた言動をする小野寺に不信感を持った圭介は、オパールを渡す代わりに拳銃を預かった。入り口に向かった小野寺は、川尻の死を悲しむ圭介が移動しないことを確認するとダイナマイトを爆破させ生き埋めにした。

屋台的映画館

探偵事務所23 くたばれ悪党ども

  • posted at:2005-06-24
  • written by:砂月(すなつき)
たんていじむしょつーすりーくたばれあくとうども
日活
配給:日活
製作年:1963年
公開日:1963年1月27日 併映「38年大相撲初場所 前半戦」
監督:鈴木清順
企画:芦田正蔵
原作:大藪春彦
脚本:山崎巌
音楽:伊部晴美
・・・:「六三年のダンデイ」星ナオミ
・・・:「バカとリコウ」吉村アキ
撮影:峰重義
照明:吉田協佐
録音:八木多木之助
美術:坂口武玄
編集:鈴木晄
助監督:樋口弘美
色彩計測:森勝
特殊技術:金田啓治
現像:東洋現像所
製作主任:野村耕祐
振付:漆沢政子
技斗:高瀬将敏
出演:宍戸錠 笹森礼子 星ナオミ 楠侑子 金子信雄
シネマスコープ カラー 89分

深夜の武蔵街道基地付近で武器弾薬の取引をしていた立川桜組と新宿大槻興業のヤクザ十数名が突如現れた男たちによって射殺された。特別捜査本部を設置した武蔵署は、明け方近くに現場付近をうろついていた真辺公一を重要参考人として連行した。そのニュースを聞き、金になると踏んだ私立探偵の田島英雄は早速、武蔵野署に乗り込んで一課の熊谷警部と会った。最近、都内で良からぬ取引の最中に暴力団が襲われるという事件が頻繁に起きていた。被害者が警察に通報できないことを利用した、悪党よりも一枚上手な一味の仕業だった。真辺の面通しを許された田島は熊谷と駆け引きをした。真辺を釈放して泳がせるには、相手に感付かれずにうまく尾行する必要がある。そこで田島は、ヤクザに顔を知られていなくて警察より鼻が利き、腕っ節が立ち、頭の巡りがいい囮が必要だと自分を売り込んだのだ。警察署の周囲には真辺の釈放を待って復讐しようと企む立川組と大槻工業の連中が今か今かと待っていた。警察は解散を命じたが、彼らは銃砲所持許可書を掲げて猟場に行く待ち合わせに車を停めて何が悪いと居座っていたのだ。真辺の拘束期間は午後10時まで。熊谷は、ワシが手こずっているのに民間人の君が捌ける道理はないと言った。

腹を立てた田島が事務所に戻ると、熊谷が先回りしてソファーに座っていた。囮捜査に関することは警察の上層部と一部の関係者にしか知らされず、署内での熊谷の行動も芝居だった。熊谷は、正当防衛以外でぶっ放すなよと念を押して銃と偽の免許証を渡した。田中一郎として事件に関わることになった田島は、助手の堀内にミキサー車を盗むように言った。

午後10時、真辺は付き添いの警官とともに現れた。警察署の前を歩く真辺は銃口の的となっていた。そしてついに警官が離れたとき、男は顔を明らかにした。それと同時に警官隊がヤクザたちを殺人未遂の容疑で包囲した。騙されたことに気付いたヤクザたちは警官隊に発砲した。熊谷はその騒動に乗じて裏口から真辺を逃がし、田島に後を託したのだ。田島と真辺を乗せた白いMGAは警察車両とヤクザたちのトラックに追い掛けられたが、堀内との連携プレイで捲くと夜の街道を走り去った。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R