忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タオの月

  • posted at:2005-06-19
  • written by:砂月(すなつき)
たおのつき
バンダイビジュアル
配給:松竹=松竹富士
製作年:1997年
公開日:1997年11月29日
監督:雨宮慶太
製作:渡辺繁
プロデューサー:久保聡 田口聖
脚本:田中徹 松本肇 雨宮慶太
撮影:木所寛
音楽:Buddy-ZOO 太田浩一 木下伸司
美術:井口昭彦
照明:保坂芳美
装置:島崎忠一 遠藤慶明
装飾:浜村幸一
操演:根岸泉
アクションコーディネーター:阿部光男
殺陣:東郷秀信
キャラクターデザイン:雨宮慶太 
コスチュームデザイン:寺田克也
録音:杉山篤
編集:普嶋信一
製作協力:クラウド
出演:永島敏行 阿部寛 吉野紗香 森山祐子 榎木孝明
アメリカンビスタ カラー 96分

戦国の世、浅見忠興の屋敷に集まってきたかつての剣の達人・疾風と軍師・酔狂は奇妙な刀の話を聞いた。その刀は忠興の家臣が野伏りから奪い取ったものだが、見たことのない金属で作られ手応えを感じずに岩を一刀両断にできるほどの切れ味を持っていた。更に刃こぼれした部分は自ら再生するという不思議な力を持っていた。もしこの金属を手に入れば後の合戦が有利になることは間違いなかった。そこで忠興は二人に一刻も早く刀の出自を探るよう命じた。夜更けに出立した二人は、近頃たちの悪い野伏りが領内の里を襲っているという噂がある宝剣山に向かった。

疾風と酔狂が満月の下で野宿している頃、宝剣山の麓で暮らす少女・れんげは家の中に差し込む強烈な光で目を覚ました。驚いた彼女が家を飛び出してその方向へ走って行くと、空からは奇妙な姿をした二人の者が降り立ち、既に地上にいた者と何かを巡って争い始めた。れんげはしばらく物陰から様子を窺っていたが、傷ついてその場に残された一人が心配になり近づいた。するとその者はれんげの腕を掴んで彼女の中に意識を送り込んだのだった。クズトはここより遠いところからマカラガを追って地球にやってきた。マカラガとは決して使ってはならないもので、今その封印が解かれようとしていた。「もし仲間の一人が生きていたなら、これを渡してくれ。もしマカラガの封印が解かれたそのときは、おまえが・・・」。そう言ってクズトはタオと呼ばれる鈴をれんげに託すと息を引き取った。クズトの体は光とともに消え、れんげの右手の甲には紋章が刻まれていた。

夜が明けるとれんげは昨夜のことを思い出しながらタオを鳴らした。すると傷ついた二人の者がその音を感じた。一方、領内を荒らし回る野伏りたちが持つ剣がそれに共鳴し始め、男の一人はその反動で落馬した。その際、野伏りたちは小屋を見つけ、そこに住むれんげを頭領への土産として拉致しようした。少女が抵抗する声を聞きつけた疾風と酔狂は一味が持つ刀が目当ての物か確かめるために加勢することにした。逸る疾風を制した酔狂は野伏りの前に進み出ると娘を離して欲しいと申し出た。だが相手が聞き耳を持たないことから強硬手段に出た。背負う大きな筆で術を操り倒木を飛ばすと、野伏りの一人がそれを真っ二つに叩き斬ったのだ。その様子を見て確信した疾風は助太刀し、男たちを次々と斬り捨ててついに刀を手に入れた。だが代わりに野伏りの本拠を知る手がかりを失った。

屋台的映画館
PR

大怪獣ガメラ

  • posted at:2005-06-18
  • written by:砂月(すなつき)
だいかいじゅうがめら
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1965年
公開日:1965年11月27日 併映「新・鞍馬天狗 五條坂の決闘」
監督:湯浅憲明
脚本:高橋二三
企画:斉藤米二郎
撮影:宗川信夫
音楽:山内正
美術:井上章
録音:渡辺利一
照明:伊藤幸夫
編集:中静達治
助監督:阿部志馬
製作主任:上嶋博明
特殊撮影:築地米三郎
特殊美術:井上章
合成:藤井和文
照明:石坂守
助監督:石田潔
製作主任:川村清
出演:船越英二 姿美千子 霧立はるみ 山下洵一郎 北原義郎
シネマスコープ モノクロ 78分

東京大学動物学教授の日高博士を中心に編制された調査隊は、アトランティス大陸の謎を解明するために調査船ちどり丸で北極のエスキモー集落を訪れていた。彼らは上空を旋回する国籍不明機を目撃し、ちどり丸はアメリカ軍に通報した。国籍不明機は特殊な塗料を塗布していたため、アメリカ軍のレーダーは機体をキャッチできなかったのだ。司令官は北極海を哨戒中の戦略航空隊パイロットを呼び出し、不明機の基地への誘導と抵抗の際の撃墜を命じた。追跡を開始した二機の戦闘機は四つの機体を発見し警告を発したが、そのうちの一機がミサイル発射してきたため、パイロットもやむを得ず反撃した。ミサイルは国籍不明機に命中したが、墜落地点からは巨大なキノコ雲が立ち上った。飛行機には原子爆弾が搭載されていたのだ。その衝撃で北極の氷の一部が砕け始め、地下に眠り続けていた巨大な生物が姿を現した。 日高はアトランティス大陸に変わった亀がいたという伝説を聞いたことがあった。そこでエスキモーの酋長にこのことを尋ねてみたが、彼は重い口を開こうとはしなかった。戦争勃発の危機が迫る状況を鑑みた日高は調査を打ち切ってちどり丸に戻ろうとするが、酋長は呼び止めると亀が描かれた両手大の石を渡した。それは祖先から伝わる伝説の石だった。彼らはその亀を悪魔の使者・ガメラと呼んでいた。「S.O.S 巨大ナ亀現ワル 全長約60メートル」。ちどり丸からの最後の通信を受け取ったアメリカ軍基地は偵察機を出動させたが、沈没箇所にはちどり丸も亀の姿もなかった。

北極海に現れた怪獣のニュースは全世界に報じられた。そして今度は世界各地で空飛ぶ円盤が目撃情報が報じられ、日本でも新潟で確認されていた。翌日、北海道の襟裳岬に現れたガメラは陸地に近づくと灯台を破壊した。灯台には亀好きの小学生・俊夫がガメラ見たさに上っていたが、不思議なことに落下する俊夫の命を助けたのもガメラだった。 ニューヨークから帰国した日高たちは空港でガメラが現れたことを聞き驚いた。大量の放射能を浴びた生物が生き延びることは到底考えられないからだ。そこで北海道大学の村沢博士と連絡をとり現地に向かうことにした。陸上自衛隊第七師団司令部に招かれた日高は、ガメラが灯台を破壊した後に海中を通って地熱発電所に向かっていることを伝えられた。地熱発電所は千島火山帯の熱エネルギーを使用していることから、司令官はその熱で退治してみてはどうかと提案した。発電所の最高出力が35万キロワットだと聞いた日高は、あるいは可能かも知れないとつぶやいた。司令官は日高の考えに同調しガメラに対して高圧電流を浴びせたが、それはむしろ逆効果だった。凶暴化したガメラは自衛隊の攻撃を物ともせずに発電所内の施設を破壊していった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R