忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぞくすーぱーじゃいあんつうちゅうていとじんこうえいせいのげきとつ
新東宝
配給:新東宝
製作年:1958年
公開日:1958年1月3日 併映「金語楼の成金王」「坊ちゃん天国」
監督:石井輝男
製作:大蔵貢
脚本:宮川一郎
企画:笠根壮介
撮影:鈴木博
音楽:真鍋理一郎
美術:宮沢計次
録音:竹口一雄
照明:傍士延雄
助監督:柴田吉太郎
編集:鹿島秀男
特殊技術:新東宝特殊技術
製作主任:山本喜八郎
出演:宇津井健 三ツ矢歌子 林寛 池田輝久 浅見比呂志
スタンダード モノクロ 39分

日本で進められていた宇宙艇の極秘建造計画は、研究員の中に紛れ込んだスパイによって筒抜けになっていた。秘密国家「黒い衛星」はその情報を基に同じ型の宇宙艇をアジトで建造していたのだ。彼らの目的は宇宙からの地球制覇だった。そのためには地球上で開発した原爆ロケットを宇宙ステーションまで運ぶ必要があったのだ。黒い衛星は山中博士たちを思想改造器にかけて洗脳した。そして彼らの言いなりになった博士は忠誠を誓うと宇宙艇を発進させた。

黒い衛星にとってスーパージャイアンツは厄介な存在だった。そこで彼らは銀河系大星雲EF4軌道を通過して宇宙ステーションへ行く進路を取り、その途中にある熱波が吹き荒れるゴルドン大火星の炎で何処までもついてくるスーパージャイアンツを焼き殺す計画を立てたのだ。だが目論みは外れ、灼熱地獄を突破したスーパージャイアンツは無傷で宇宙艇を追尾してきたことから黒い衛星は彼に向けて無人ロケットV8を発射した。

宇宙艇が宇宙ステーションに到着すると、黒い衛星の元帥は地球に向けて新国家樹立の宣言と全地球の領土を要求するメッセージを送った。そして抵抗が無駄であることを示す手始めとして、ヒマラヤ山脈を原爆ロケットで爆破した。山中博士が誘拐された後も研究所では宇宙艇の推進装置の開発が行われていたが完成には至っていなかった。一刻の猶予も許されない状況となり開発を一研究所に任せるのではなく全世界の科学者で共同研究することが国会の対策臨時委員会で決まったことから、宇宙艇の開発は彼らに委ねられた。一方、地球防衛軍が国連総会で承認され、各国の新兵器が作戦に導入されることになった。

屋台的映画館
PR

スーパージャイアンツ 人工衛星と人類の破滅

  • posted at:2005-06-19
  • written by:砂月(すなつき)
すーぱーじゃいあんつじんこうえいせいとじんるいのはめつ
新東宝
配給:新東宝
製作年:1957年
公開日:1957年12月28日 併映「人形佐七捕物帖 花嫁殺人魔」「将軍家光と天下の彦左」
監督:石井輝男
製作:大蔵貢
脚本:宮川一郎
企画:笠根壮介
撮影:鈴木博
音楽:真鍋理一郎
美術:宮沢計次
録音:竹口一雄
照明:傍士延雄
助監督:柴田吉太郎
編集:鹿島秀男
特殊技術:新東宝特殊技術
製作主任:山本喜八郎
出演:宇津井健 三ツ矢歌子 林寛 池田輝久 浅見比呂志
スタンダード モノクロ 39分

1957年10月4日、ソ連の人工衛星打ち上げの成功は世界の人々に深い衝撃を与えた。人工衛星は音速の20倍で航空を飛ぶ誘導ミサイルと表裏一体のものであるからだ。ソ連に次いでアメリカも第二の人工衛星の完成を急いでいた。この人工衛星が兵器に転用される事態が起こった場合、それは人類の滅亡を意味した。人類の興亡を掛けた1957年こそ宇宙世紀1年と言えるだろう。

宇宙をパトロールしていたスーパージャイアンツは、所属不明の人工衛星から原水爆の元素を感知したため信号を送った。だが返答なかったため、その謎を突き止めるためにスーパージャイアンツは衛星に近づくことにした。彼はその衛星が地球から打ち上げられた観測用の宇宙ステーションであることまでは確認したが、飛来する隕石に妨害された隙に逃げられてしまった。地球観測に名を借りて兵器として使用したならば人類は破滅する。人工衛星を操作する場所を突き止めるべくスーパージャイアンツは後を追った。

日本各地の天文台では天体望遠鏡の整流板が不可解な爆発事故が起こし観測が出来ない事態に陥っていた。その現象を不審に感じた山中気象観測所の山中博士は原因を確かめるために別棟の整流板作業所に向かった。そこでも同じ現象が起こっていたが、散乱する部品の中に高熱で溶けた「UZデカトロン」があることに気付いた。UZデカトロンは機材の重要部に使用されているが、耐熱性の高いため通常の火災では損壊するはずがなかった。博士はこの特殊な部品を使用していることで極秘に行っている研究内容が外部に知れ渡ることを恐れていた。宇宙艇推進機の開発計画が何者かによって悪用された場合、強力な兵器に転用される可能性があるからだ。そこで山中は周囲の目を欺くために娘のかおると弟の良一を極東精密電気の出張所に遣いに出した。ところがUZデカトロンは入れ替わりに出て行った男に全て買い占められていた。変だと感じた二人は男を追跡したが、逆に捕まってしまった。

屋台的映画館

続 鋼鉄の巨人

  • posted at:2005-06-10
  • written by:砂月(すなつき)
ぞくすーぱーじゃいあんつ
新東宝
配給:新東宝
製作年:1957年
公開日:1957年8月13日 併映「修羅八荒 薩多峠の剣陣」
監督:石井輝男
製作:大蔵貢
原案:根岸伸介
脚本:宮川一郎
企画:笠根壮介
撮影:渡邊孝
音楽:渡邊宙明
美術:加藤雅俊
録音:澤田一郎
照明:傍士延雄
助監督:三輪彰
編集:鹿島秀男
特殊技術:新東宝特殊技術
製作主任:川口倫二
出演:宇津井健 池内淳子 中山昭二 高田稔 岩下亮
スタンダード モノクロ 52分

アトムAB団はX14ウラニウムが入った鞄を血眼になって探していた。アトムAB団・団長は、新しく開発した強大な破壊力を持つ爆弾=ボース爆弾で世界を征服しようと考えていたが、そのためには爆弾にX14ウラニウムを組み込まなければならず、突如現れたスーパージャイアンツに鞄を持ち去られてしまったのだ。

エマヌエル教会では、修道尼・敏子の体に銃が突きつけられていた。鞄の在処を教えなければ引金を引くとM5が脅したのだ。教会で育った弘は、空き地で起こった出来事を目撃したためアトムAB団に誘拐された。それを知ったスーパージャイアンツは、弘を助ける代わりに鞄を預かって欲しいと頼んでいたのだ。命を重んじた神父は、鞄の在処を教えることにした。

組織から弘を助け出したスーパージャイアンツは教会に向かって飛んでいたが、鞄がアトムAB団に奪われたことを知り速度を上げた。神父は鞄を奪い合ったときにM6から銃創で殴られて大けがを負い、スーパージャイアンツは自分のせいだと敏子に詫びた。そして善良な地球の人たちのために、そして星の平和のために悪を滅ぼすことを胸に誓うのだった。

翌日、メラポリア大使館から出てきた車に対しスーパージャイアンツは路上で立ち塞がった。そして堂々と名乗り本拠へ案内するように言ったのだ。それを聞いたM3は彼を車で撥ね飛ばそうと考えたのだが、アクセルを目一杯踏み込んでもスーパージャイアンツに抵抗することは出来ず逆に押し戻されてしまった。力の差を見せつけられて観念したM3はおとなしく指示に従うことにした。隙あらば殺そうと機会を狙うM3とM4が車の故障を装って仲間が現れるのを待っていると、銃声が鳴り響き二人は背後から射殺された。その結果、同じ車に乗っていたスーパージャイアンツが殺人者の濡れ衣を着せられることになったのだ。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R