忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9回 キネマ旬報ベストテン 1932年度

  • posted at:2018-10-11
  • written by:砂月(すなつき)
1932(昭和7)年度

≪日本映画≫
第1位 生れてはみたけれど(小津安二郎)
第2位 嵐の中の処女(島津保次郎)
第3位 忠臣蔵(衣笠貞之助)
第4位 お誂次郎吉格子(伊藤大輔)
第6位 国士無双(伊丹万作)
第6位 蝕める春(成瀬巳喜男)
第8位 白夜の饗宴(マキノ正博)
第8位 春と娘(田坂具隆)
第8位 抱寝の長脇差(山中貞雄)
第8位 上陸第一歩(島津保次郎)

≪外国映画≫
第1位 自由を我等に(ルネ・クレール)
第2位 人生案内(ニコライ・エック)
第3位 三文オペラ(G・W・パプスト)
第4位 炭坑(G・W・パプスト)
第5位 今晩は愛して頂戴ナ(ルーベン・マムーリアン)
第6位 チャンプ(キング・ヴィダー)
第7位 北海の漁火(ウィリアム・ワイラー)
第8位 歓呼の涯(スティーブン・ロバーツ)
第9位 私が殺した男(エルンスト・ルビッチ)
第10位 母(ウィリアム・ウェルマン)
第10位 ジーキル博士とハイド(ルーベン・マムーリアン)


屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R