忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花より男子(1995年)

  • posted at:2006-11-24
  • written by:砂月(すなつき)
はなよりだんご
フジテレビ
配給:東映
製作年:1995年
公開日:1995年8月19日 併映「白鳥麗子でございます!」
監督:小椋久雄
製作:村上光一 周防郁雄
企画:重村一 堀口壽一
エグゼクティブプロデューサー:松下千秋 阿部祐三
プロデューサー:宅間秋史 小牧次郎 重岡由美子 柴崎正
原作:神尾葉子
脚本:梅田みか
主題歌:「BABY'S GROWING UP」内田有紀
挿入歌:「OVERNIGHT SENSATION ~時代はあなたに委ねてる~」trf
技術製作:杉野有充
技術プロデューサー:杉野育充
テクニカルディレクター:堀田満之
ハイビジョンバイザー:皆川慶助
照明アドバイザー:本間利明
撮影:星谷健司
照明:和田智裕
映像:佐藤光雄 久保木準一
音声:松永英一
VTR編集:森武司 高橋努
キネコ:秋山雅和 松本大三郎
音響効果:下城義行
選曲:辻田昇司
MA:浅倉努
美術製作:上村正三
製作主任:鈴木和晶
製作担当:千葉昇 小平明人
企画協力:バーニングプロダクション
製作協力:AVEC
出演:内田有紀 谷原章介 藤木直人 橋爪浩一 佐伯賢作
アメリカンビスタ カラー 79分

超がつくお金持ちのばかりが集う英徳学園大学。そこに入学した牧野つくしは「一般庶民」という極めて異例な存在だった。つくしは別の大学を希望していたが、推薦がもらえたのは親が勝手に願書を出したここだけだった。入学時、テニス部から勧誘されたつくしは、高額な入会金を見てどうせお坊ちゃんの暇つぶしなんでしょと言った。たまたま近くにいてその言葉を聞いた道明寺司は聞き捨てならんと割り込み、テニスは幼稚園の頃からやっている言った。するとつくしは、そんなことは関係ないし私は何処にも入る気などないと突っぱねた。お前の何処のどいつだと司が怒鳴りつけると、その高飛車な態度に腹を立てたつくしは、人の名前を聞く時は自分から名乗るべきだと言った。「英徳学園3年・F4リーダー、道明寺司だ」。「英徳学園1年、牧野つくし」。それを聞いた司は、つくしなんか雑草だと馬鹿にした。するとつくしはツカツカと司に近寄り、平手打ちを食らわせたのだ。そして「そうよ、つくしは雑草。踏まれても蹴られても春には芽が出る強い植物なの。温室でぬくぬくと育ったあんたたちとは違うのよ」と思いを一気に吐き出したのだった。それ以来、つくしは赤札を貼られイタズラの標的にされた。だが持ち前の明るさで乗り切ろうとした。この学園は、道明寺財閥の御曹司・司、花沢物産の御曹司・類、茶道・西門流の次期家元・総二郎、日本の裏社会を牛耳る美作一族の後継者・あきらの四人(Flower4 通称F4)が実質仕切っていた。四人の親から多額の寄付を受け取っている学園の教師たちは彼らの行動に逆らうことが出来ず、生徒たちも畏怖の念を抱いていた。

学園からつくしを叩き出してやる。そう考えていた司は仲間とともに連日イタズラを仕掛けた。ある日、F4にいじめられて誰も口をきいてくれないから話し掛けてくれたら何でもしてあげるという内容の手紙が男子生徒の靴箱に投げ込まれ、下心丸出しの生徒と仲間に追い掛けられた。体育倉庫に追い詰められ強姦されかかったとき、そこに現れたのは類だった。難を逃れて礼を言うつくしに、俺はこういうの嫌いなだけだからと言って類は去った。翌日、イタズラの主が司であることを知ったつくしは彼に飛び蹴りし、あんたの性根を叩き直してやると宣戦布告した。だが今度はそれが司ファンの女子生徒たちの闘志に火をつけた。三条桜子の自宅で行われるパーティーに招待されたつくしは、着ていく服がないと断わった。だがラフでいいと聞きジーンズで参加することにしたのだが、政界のジュニアや社長の息子が来る程の格調高いパーティーだった。馬鹿にされた上に服を汚されたつくしは帰ろうとしたが、桜子たちに別室へ連れて行かれて冷たい言葉を浴びせられた。そこへやってきたのは司だった。彼は、つくしをいじめていいのはこの俺だけなんだよと怒鳴り散らした。司には心から慕う姉がおり、ケンカが強くて根が優しいところはつくしにそっくりだった。彼はいつしか姉の姿をつくしに重ね合わせるようになり、憎しみは奇妙な愛情へと変わっていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R