忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にんにんにんじゃはっとりくんざむーびー
「NIN × NIN 忍者ハットリくん」製作委員会(電通=フジテレビ=ジェネオン エンタテインメント=東宝=小学館=日本出版販売)
配給:東宝
製作年:2004年
公開日:2004年8月28日
監督:鈴木雅之
製作:森隆一 亀山千広 荒井善清 島谷能成 亀井修 柴田克己
企画:遠谷信幸 千野毅彦 関一由 大多亮
企画協力:飯島三智
プロデューサー:福山亮一 和田行 宮澤徹 瀧山麻土香 和田倉和利
アソシエイトプロデューサー:黒田知美
ラインプロデューサー:山本章
原作:藤子不二雄A
脚本:マギー
撮影:高瀬比呂志
音楽:服部隆之
美術:清水剛
照明:松岡泰彦
録音:滝澤修
編集:田口拓也
画コンテ:ヒグチしんじ
音響効果:柴崎憲治
助監督:落合俊一
キャスティング:杉野剛
記録:戸国歩
アクションコーディネーター:山田一善
スタイリスト:宇都宮いく子
メイク:田中マリ子
装飾:西渕浩祐
操演:羽鳥博幸
VE:小田切徹
製作担当:木村利明
出演:香取慎吾 田中麗奈 知念侑李 戸田恵子 浅野和之
アメリカンビスタ カラー 102分

山深い伊賀の里で修行を積む忍者ハットリくんこと服部カンゾウは、父・ジンゾウが与えた課題に合格し、ついに最後の修行を命じられた。伊賀忍者は今やごくわずかとなったが、その一方で宿敵の甲賀忍者はあまた存在している。江戸に赴いた甲賀者の中には忍びの道を捨てて現代社会に溶け込んでいる者もいるという。ハットリくんは如何なることがあっても忍びの道を捨てないとジンゾウに誓った。最後の修行とは、それを証明するために忍びの掟を守りながら様変わりした現代の江戸で暮らすことだった。忍びの掟、それは「主以外の者に己の姿を見せてはならない」というもので、守れなければ破門が待っていた。

東京タワーの天辺から大都会を見下ろしたハットリくんは、忍法むささびの術を使って下界に飛び降りた。その先にあったのが三葉家で、彼は二階の子供部屋にいた小学三年生の三葉ケンイチと運命的な出会いを果たした。こうして居候忍者と少年との奇妙な共同生活が始まった。その頃、都内の大手電機メーカーに黒装束の男が侵入し警備員が襲われた。その警備員には腕に小さな刺青があった。男は地上20階の窓ガラスを破るとそこから飛び降りたのだった。警察から聴取を受けた目撃者の警備員は、侵入者について影のようなものしか見ていないと証言した。

ケンイチの担任である川島順子先生が産休に入り、代理として佐藤先生が赴任した。一人で帰るケンイチを心配した佐藤先生は、みんなと一緒に遊ばないのかと声を掛けた。だがケンイチは、僕は一人の方が好きだからと答えた。いじめられっ子である彼の心の拠り所は、公園の近くにある家のバルコニーで絵を描くミドリの存在だった。クラスの生徒たちから缶けりの仲間に引き込まれた佐藤先生は、鬼の役を買って出ると隠れている生徒たちを次々と言い当てた。そして缶を蹴ると見せかけてタックルしに来た生徒にはすばやく動いて攻撃を交わすのだった。側で見ていたケンイチは、家に帰るとハットリくんにそのことを報告した。

ケンイチのお供で学校にやってきたハットリくんは忍法隠れ蓑を使って教室の壁に潜んでいたが、授業中に気配を感じた佐藤先生はそこに向かってチョークを投げつけた。正体がばれたハットリくんは忍法金縛りを使って時間を止めると、佐藤先生と対峙した。佐藤先生は忍びの道を捨てたハットリくんの宿命のライバルで甲賀忍者のケムマキケムゾウだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R