忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

教師女鹿

  • posted at:2006-04-24
  • written by:砂月(すなつき)
きょうしめじか
日活
配給:にっかつ
製作年:1978年
公開日:1978年3月18日 併映「危険な関係」
監督:曽根中生
プロデューサー:結城良煕
原作:川崎三枝子 沼礼一
脚本:桂千穂 曽根中生
撮影:水野尾信正
照明:川島晴雄
録音:橋本文雄
美術:柳生一夫
編集:山田真司
音楽:コスモス・ファクトリー
助監督:中川好久
色彩計測:田中正博
現像:東洋現像所
製作担当者:天野勝正
出演:栄ひとみ 志麻いずみ 伊佐山ひろ子 山下洵一郎 高木均
シネマスコープ カラー 87分

女鹿冴子は生物の非常勤講師として白汀高校に赴任してきた。彼女が公立の名門校を断わり、半年もこの学校の就職枠を待っていたことを教育委員会から聞いていた校長の柏木剛介は何故だねと尋ねた。すると冴子は先生の教育方針に憧れたからとお決まりのせりふを言った。それを聞いた剛介は気を良くし、頑張り給えとエールを送った。担当のクラスに案内された冴子は、早速出席をとり始めたが、その中の三人は返事はするものの彼女と目を合わせようとはしなかった。中村茂、山本徹、水谷敏夫は前日、女子高生をレイプしているところを冴子に見られ、なおかつ口封じのために彼女を襲おうとしたものの証拠となる生徒手帳を奪われたからだった。放課後、三人は冴子を待ち伏せ手帳を返して欲しいと願い出たが、甘いと一喝した。そして東大に合格する何人かのために入学金と月謝で彼らをサポートすることがあなたたちの役目でこの学校の方針だと言った。

冴子はヒトの筋肉のしくみを授業で教えていたが、興味のない生徒たちは真面目に話を聞こうとしなかった。そこで彼女は素早く教壇に腰掛けるとスカートを捲くり上げ、大腿四頭筋とその裏側の大臀筋を自らの体を使って説明した。この行為が英語担当で冴子を指導する山泉秀子の耳に入り、教育観についての説教を受けた。その夜、憂さ晴らしに数学担当の浅野姫子とバーに出掛けた冴子はそこで会ったカメラマンと意気投合し、姫子の部屋でお互いに体を交えた。数日後、授業のために教室に向かった冴子だったが、彼女の授業を拒否するという内容の紙がドアに張られていた。冴子は校長室へ行き、私も彼らを拒否しましたと剛介に報告すると、君が生徒に拒否されたということはこの学校の方針に合わないということだと言った。わかるかねと尋ねると、冴子はいいえと素っ気なく答えて出て行った。彼女と入れ替わりに入ってきた教頭の森岡理平は、姫子が二日間に渡って無断欠勤をしていることを伝えた。校長命令で姫子のアパートに向かった理平と秀子だったが、部屋に彼女の姿はなかった。秀子が手掛かりになるものはないかと調べていると、新聞の間から封筒が出て来た。その中には三人が愛欲に溺れる写真が入っており、それを見た秀子は慌てて仕舞った。その頃、学校に匿名の電話が掛かり、緊急の職員会議が招集された。その内容は川田学園の生徒の早川ルミが白汀高校の生徒にレイプされたときにそれを幇助した女教師がいたというものだった。電話の主はルミ本人で、助けを求めたにも拘らず傍観したその教師を学校側で処分すれば警察に訴えないというのだ。聖職の人間にそのようなことがあるはずがないという意見が多数を占める中で、冴子なら大いにありうると秀子は封筒の写真を公開した。釈明を求める剛介に冴子はあっさりと認め、三人の生徒手帳を提出した。学校の名誉が傷付くことを恐れた剛介は、処分は自分に任せて欲しいと言い会議を終えようとした。すると冴子は立ち上がり姫子がつけていた手帳を読み始めた。そこには彼女が売春をしていた証拠となる赤裸々な内容が書かれていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R