忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

看護女子寮 いじわるな指

  • posted at:2005-07-09
  • written by:砂月(すなつき)
かんごじょしりょういじわるなゆび
にっかつ
配給:にっかつ
製作年:1985年
公開日:1985年2月2日 併映「団地妻 肉体地獄」「SEXドキュメント 泣かせ上手」
監督:川崎善弘
企画:小松裕二
脚本:吉本昌弘
撮影:鈴木耕一
照明:高柳清一
録音:細井正次
美術:斎藤岩男
編集:奥原茂
選曲:伊藤晴康
助監督:瀬川正仁
色彩計測:青柳勝義
現像:東洋現像所
制作担当:高橋伸行
制作協力:フイルムシティ
出演:泉じゅん 北原ちあき 竹下ゆかり 皆川衆 伊吹礼一
アメリカンビスタ カラー 62分

「伝説の由紀」こと井上由紀が帰ってくる。その噂は忽ち聖エリザベス病院の看護女子寮中に拡がった。このことに一番敏感に反応したのは現寮長の河本芳江だった。由紀は想像以上の酒乱で、警察沙汰は数知れず寮長の首はいくつも飛んだと言われていた。そんな彼女が離婚を機に女子寮へ戻ってくるという。由紀のために部屋を引っ越さなければならなくなった松尾真弓は、何故そんな人のために明け渡さなけれなならないのかとブツクサ言った。芳江は真弓と引っ越しを手伝う同僚の遠藤典子に、間違ってもアルコール類を置かないようにと念を押した。真弓たちはどんなすごい人が来るんだろうと不安半分、期待半分で待っていたが、あいさつに訪れたのが至って普通の女性だったことで拍子抜けした。だが芳江は警戒を強め、愛犬のブルドッグに夜回りをさせることにした。

その日の夜、寮長室に一本の電話が掛かった。電話の主は由紀と縒りを戻したい元亭主の三原忠夫からだったが、取り次ぎは11時までだと芳江は相手にしなかった。その頃、寮の外では真弓の恋人の鈴木誠が彼女を呼び出そうと小石を窓に投げつけていた。その音に気付いた隣室の由紀は、カーテンを開けてそのことを知ると縄梯子を持って真弓の部屋に上がり込み誠を招き入れた。そしてこれくらい用意しておくのが寮で生活する上での常識でしょと言うと、真弓とシーツで縄梯子を作っていた典子は彼女を尊敬に眼差しで見た。由紀は二人だけにしましょうと言って部屋を出ると典子の部屋に行った。そこには大きなクマのぬいぐるみがあり、やっくんと名付けるほどかわいがっていた。やっくんを受け取った由紀は背中に硬いものがあることに気付くとジッパーを中から取り出した。それは球磨焼酎のボトルだった。目の色が変わった彼女は早速グラスに注いでグイッとあおると典子にも勧めた。そこに隣の部屋から喘ぎ声が聞こえてきたものだから、二人は意気投合し体を重ねた。その頃、縄梯子を伝ってベランダの忍び込んだのは由紀の姿を求めていた忠夫だった。部屋の中を覗き込むと真弓と誠が真っ最中。その隣の部屋では由紀が典子と裸でいたものだから、驚いた忠夫は足を滑らせて地面に叩きつけられた。翌朝、真弓が目覚めると空が既に明るくなっており、驚いた彼女は誠を叩き起こすと早く帰るようにと促した。口うるさい寮長に見つかると大変なことになるからだ。だが縄梯子を降りようとする誠の足元では芳江がブルドッグとともに待ち構えていた。縄梯子が由紀のアイデアであることがわかると芳江は3人を呼び出し、地獄のランニングを命じた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R