忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女競輪王

  • posted at:2005-06-09
  • written by:砂月(すなつき)
おんなけいりんおう
新東宝
配給:新東宝
製作年:1956年
公開日:1956年11月21日
監督:小森白
製作:島村達芳
原作:竹森一男
脚本:杉本彰
撮影:鈴木博
音楽:飯田信夫
美術:加藤雅俊
照明:関川次郎
録音:村山絢二
編集:後藤敏男
助監督:土屋啓之助
製作主任:永野裕司
協賛:自転車振興会連合会 東京都自転車振興会 東京競輪選手会 立川競輪場 後楽園競輪場
出演:前田通子 江畑絢子 遠山幸子 沼田曜一 阿部寿美子
スタンダード モノクロ 88分

魚屋「魚誠」の長女・椎野美樹は銀行に勤める五十嵐健一の許嫁だったが、ある日健一に結婚を待って欲しいと言った。父親がいない美樹の家は生活が苦しく、弟が中学校を卒業するまで自分が面倒を見るつもりでいた。そのためには資金が必要だったが、美樹は悲観していなかった。彼女は毎朝、自転車で魚市場と店の間を往復していたこともあり、体力では人に負けない自信があった。そこで自慢の脚力を生かし、競輪選手となって資金を稼ごうと考えていたのだ。しかしその夢を叶えるには自転車などを購入する費用の15万円が必要だった。美樹は健一の父・源造に借金を願い出、源造は渋々ながらも了承した。美樹は知らなかったが、源造が経営する五十嵐農園の資金繰りは悪化していた。

母親や周囲の人たちの心配をよそに、美樹は日本競輪学校に入学した。美樹たちは毎日猛特訓の日々を送っていたが、教務課の計らいで生のレースを観戦する機会を得た。そのレースで憧れの渋井三枝子選手が優勝し、美樹は日本一になる気持ちを一層高めた。卒業の日、美樹は仲良しの小西好子、原慧子といつか何処かの競輪場で対決することを約束して別れた。そしてその足で三枝子の家に押しかけ、弟子にして欲しいと頼み込んだのだ。だが三枝子は教えることはないと言ってその申し出を断わった。常にトップの座であり続けたい彼女にとって美樹の存在は脅威だった。美樹の素質を見抜いていた三枝子は、人に頼らずに自分で考え練習するだけだとアドバイスした。

美樹の最初のレースは大津びわこ競輪場に決まった。列車の中で再会した好子と慧子とともに開催地の旅館・青葉荘に泊まった美樹は「河野の姉さん」に呼び出された。河野の姉さんこと河野菊は古参の競輪選手だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R