忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渡り鳥いつまた帰る

  • posted at:2005-06-19
  • written by:砂月(すなつき)
わたりどりいつまたかえる
日活
配給:日活
製作年:1960年
公開日:1960年4月23日
監督:斎藤武市
原作:原健三郎
脚本:山崎巌 大川久男
企画:児井英生
撮影:高村倉太郎
音楽:小杉太一郎
主題歌:「おけさ数え唄」小林旭 こまどり姉妹
挿入歌:「浅草姉妹」こまどり姉妹
美術:坂口武玄
編集:近藤光雄
録音:八木多木之助
照明:大西美津男
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
協賛:佐渡観光協会 新潟交通株式会社 佐渡汽船株式会社
出演:小林旭 浅丘ルリ子 宍戸錠 南田洋子 中原早苗
シネマスコープ カラー 84分

春になり、渡り鳥のように佐渡島へとやってきた滝伸次。伸次は道中で知り合った高見則子と甥の利夫に得意のギターを聞かせた。一方、連絡船に乗った男女は目的は違えど同じ男を追っていた。踊り子の片倉ユリは伸次を慕い、ハジキの哲は殺された弟の仇敵として命を狙っていた。

夜の繁華街でギターの音を聞いた二人は、慌ててキャバレー・おけさへ飛び込んだ。ところがギターの主は全くの別人だった。ばつが悪い哲はそのまま出て行こうとしたが、黙っていられないのがその場にいたキャバレーに巣食うチンピラだった。店内は大騒動になり、哲はチンピラが振り下ろした花瓶の一撃で伸びてしまった。すると今度はその様子を店の奥で静かに見ていた伸次が現れ、ユリが止めるのも聞かずに参戦した。「それくらいで勘弁してやったらどうです」。そう言って階段を下りてきたのは支配人の榊原だった。彼は伸次に酒を奢りその場を収めた。

翌日、伸次は乱暴な運転をするトラックに出くわした。通りかかった建物の前にそのトラックが停めてあったため、伸次は責任者に苦情を言いに中に入った。ところが事務所では採掘場の従業員たちが超過手当をよこせと責任者の奥山庄造に詰め寄りそれどころではなかった。伸次がその従業員たちの態度に憤りを感じヤキを入れようとしたそのとき、仲裁に入ったのは榊原だった。彼は高見鉱山の相談役も務めていたのだ。奥の部屋から出てきた女主人・高見静江は金で穏便に済ませようとしたが、伸次は受け取ろうとしなかった。そして、また同じようなことがあればあんたでも容赦しないと言い残して事務所のドアを開けた。そこで伸次は則子と再会した。事務所に戻った静江の妹・則子は、彼女に会わせたい人がいると言った。それは先ほどまでそこにいた伸次だった。事情を知った則子は伸次を信頼し高見鉱山が置かれている状況を話し始めた。高見鉱山は静江の夫が経営していたが、半年前に崖から転落し帰らぬ人となった。その後を引き継いで静江が社長に就任したが、実質は榊原が会社を仕切っていた。そして自分の息がかかったならず者を雇い、問題を起こさせて会社を潰そうと考えていたのだ。則子は伸次の力を借りようとしたが、静江は内輪のことは内輪で解決すると言って断わった。

廃坑を採掘し始めた榊原のもとに現れた伸次は自分を雇って欲しいと言った。銃の腕前を見たいと外に出た榊原を待っていたのは哲だった。哲もまた伸次と同じように榊原の用心棒になりたいと言った。

屋台的映画館<
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R