忍者ブログ

あしたのジョー(1980年)

  • posted at:2006-04-03
  • written by:砂月(すなつき)
あしたのじょー
三協映画=富士映画=ヘラルドエンタープライズ
配給:富士映画=日本ヘラルド映画
製作年:1980年
公開日:1980年3月8日
監督:福田陽一郎
総指揮:梶原一騎
製作:河野泰彦
プロデューサー:増田久雄
チーフディレクター:出崎統
原作:高森朝雄 ちばてつや
脚本:福田陽一郎
音楽:鈴木邦彦
主題歌:「あしたのジョー~美しき狼たち~」おぼたけし
挿入歌:「K・O(ノック・アウト)」シミズヤスオ
作画監督:杉野昭夫 金山明博
撮影:熊谷愰史
美術:明石貞一
録音:瀬川徹夫
編集:白江隆夫
効果:帆苅幸雄
現像所:東映化学工業
録音スタジオ:アオイスタジオ
タイトル:日映美術
監修:ちばてつや
声の出演:あおい輝彦 藤岡重慶 岸部シロー 大木民夫 加藤精三
アメリカンビスタ カラー 153分

泪橋を渡ったところにあるドヤ街にふらりとやってきた少年が路地を歩いていると、正面からやってきた男たちのうちサングラスの男がどきなと言った。彼らはこの一帯を取り仕切る鬼姫会のヤクザで、住人の少女・サチが屋台からおでんと一緒に売り上げもかっぱらったと根拠のない言いがかりをつけ父親から金をむしり取ろうとしていたのだ。事情がわかると少年はパンチを繰り出し、男を手始めに仲間も次々と殴り倒した。恐る恐る近づいてきたサチが名前を尋ねると、名乗るほどじゃねえが矢吹丈(ジョー)だと答えた。

深酔いをして店を追い出された丹下段平は、通りすがりのジョーから酒代をせびり取ろうとした。頼むぜと段平が左肩に手を掛けると同時にジョーは軽い身のこなしで体を入れ替え、腹に左ひざを見舞った。彼が持つ天性のバネに惚れ込んだ段平は再びジョーににじり寄り、俺と一緒にボクシングをやる気はねえかと言った。だがジョーは単なる酔っ払いの戯言と相手にしなかった。その夜、野宿していたジョーは体にオーバーがかけられ、おでんが一皿置かれていることに気づいた。公園にいる段平をやっとのことで捜し出したジョーは、オーバーとおでんのお礼、そして俺はおせっかいが嫌いだから今度周りに現れたらただじゃ済まないぞと凄んだ。だがすぐに只事ではない気配を感じ早くずらかった方が良さそうだぞと忠告した。彼らの周りを鬼姫会の連中が取り囲んでいたからだ。こいつらは何をするかわからんぞと段平は身を案じたが、聞く耳を持たないジョーは相手を挑発すると片っ端から殴り倒したのだった。すると幹部の男が手下にドスを抜くよう命じたため、それだけはやめてくれと段平は土下座した。だがその姿を見てみっともないとジョーが言ったことから、段平は怖いもの知らずの彼に歩み寄り鉄拳を食らわせた。そして俺の目の黒いうちは指一本触れさせねえと気を失ったジョーの体に覆いかぶさると、やるんならこの俺を殺してからにしてもらおうかと言った。ヤクザたちは一斉に襲い掛かったが、段平はいくら蹴られてもジョーの体から離れようとはしなかった。「おめえは俺の明日なんだ!」。

住民の通報により二人は命を落とさずに済んだが、ジョーは一晩留置場に泊まった。彼は被害者だったが、相手に15人もの重傷者を出したことを警察側は重く見ていた。そこで彼に対して事情聴取を行ったのだが、まともな受け答えをしなかったために保護者である段平を呼び出したのだ。警察部長とともに警察署へ向かった段平だったが署内は大混乱。ジョーは大暴れして姿をくらました後だった。その後ジョーがドヤ街の子供たちと廃屋に立てこもっているという連絡が入り、段平が現場に到着したときには周囲を取り囲んだ機動隊が突撃する準備に入っていた。そこで彼は隊長の制止を振り切って廃屋に乗り込むと説得を行った。その方法は言葉ではなく拳で、段平にKOされたジョーは身柄を警察に引き渡された。少年鑑別所に送られたジョーはアル中の元ボクサーに負けたことを苦々しく思っていた。ある日、彼宛に一通のはがきが届いた。それは「あしたのために」から始まる段平からのものだったが、ジョーは差出人の名前を見るなり細かく引き裂いてしまった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R